名工大 准教授
岸 直希




岸 直希 (Naoki Kishi)
博士(理学)


名古屋工業大学 つくり領域
大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 電気電子工学分野
工学部 電気・機械工学科 電気電子工学分野
准教授
E-mail:

Google scholar citations
大学の研究者データベース



[大学院生の募集について(岸研究室)]
以下のテーマ例に示したように、透明導電膜や太陽電池、熱電変換素子などのエネルギー変換デバイス、またそれらに用いるカーボンナノチューブ、グラフェンなどの材料の研究を行っています。
これらの研究に興味がある方は気軽に、岸()までご連絡下さい。
随時、研究室を案内いたします。
特に他大学出身の方、大歓迎です。

実験室の設備
イベントなどの写真
大学院入試の具体的な情報はこちら (大学公式ページ) をご参照ください。



[現在の研究テーマ]
ナノカーボン(カーボンナノチューブ、グラフェン)の合成と透明導電膜、フレキシブル透明素子への応用
安定・高効率なフレキシブル室内用有機系太陽電池素子の開発
有機半導体、ナノ材料を用いたフレキシブル熱電変換素子の開発


[研究キーワード]
ナノカーボン(カーボンナノチューブ、フラーレン、グラフェン)、有機半導体、酸化物半導体ナノ構造、有機薄膜太陽電池、色素増感太陽電池、熱電変換素子、透明導電膜


[学歴、学位]
2000年3月 名古屋工業大学 工学部 第一部 電気情報工学科 卒業
2002年3月 名古屋工業大学 大学院工学研究科 都市循環システム工学専攻 博士前期課程 修了 (神保孝志 教授 研究室)
2007年3月 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 博士課程(後期課程) 修了 (篠原久典 教授 研究室)
2007年3月  博士(理学) (名古屋大学)


[職歴]
2002年4月 豊田合成株式会社
2007年3月 独立行政法人 産業技術総合研究所 ナノカーボン研究センター (岡崎俊也 主任研究員 研究グループ)
2008年4月  国立大学法人 名古屋工業大学 大学院工学研究科 未来材料創成工学専攻 助教
2016年4月  国立大学法人 名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 准教授


[所属学会]
応用物理学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会、電子情報通信学会


[業績目録]
論文
特許出願
書籍、商業雑誌

外部発表など


更新 2016年5月



曽我、岸研究室のホームページに戻る